不登校新聞

490号 2018/9/15

熊本県から『不登校新聞』の会議に行ってみた【別室登校中の14歳手記】

2018年09月19日 10:44 by kito-shin



連載「ただいま別室登校中!」vol.20

 ブログを書き始めたのとほぼ同じ時期に、私は『不登校新聞』を読み始めました。母から「こんな新聞があるよ」と紹介されたのがきっかけです。

 現在、不登校の人や、過去不登校だった人、その親御さんの体験談や思いがたくさん載っており、「その気持ちすごくわかる!」と、とても共感できました。また「自分と同じような境遇の人は全国にたくさんいるんだ」ということにも気づかされました。地方に住んでいれば、なかなか同じ境遇の人と知り会ったり話をする機会がないので、『不登校新聞』は私にとって大きな発見でした。

 私は紙版をとっていたのですが、その紙面のすみに「月に1回、編集会議を行なっています」と書かれており、「私も参加できたらいいな」といつも思っていました。

 そんなとき、チャンスは突然やってくるのです(笑)。私が中学1年の2月、たまたま母が東京に行く機会があり、「今しかない!」と思った私は、母に頼み込んでみました。すると、いっしょに連れて行ってもらえることになりました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ブログで広がった不登校後の世界 人との出会いも増えるきっかけに

489号 2018/9/1

私が吹っ切れたのは母と二人で観たドームライブの日【別室登校中の14歳手記】

488号 2018/8/15

不登校だから通知表は白紙 評価ばかり気にしていた私は…【別室登校中の14歳手記】

487号 2018/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...

487号 2018/8/1

2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を...