不登校新聞

490号 2018/9/15

学校でのいじめは年32万件発生 子どものSOSに気づくためには

2018年09月19日 10:37 by koguma

 最新の調査によれば、国公私立の小・中・高等学校及び特別支援学校で認知されたいじめは32万件を超えています。

 いじめについては、それにより子ども自ら命を絶つ事案が毎年のように起きており、今年6月には新潟県の高校に通う男子生徒が「いじめを受けた」というメモをスマートフォンに残して自死するという痛ましい事件が起きています。

 いじめからわが子を守るために親には何ができるのか。子どもからのSOSに気づくために何が必要か。

 その示唆となるのが、いじめをはじめ、教育問題を20年以上に渡って取材し続けてきた岸田雪子さんの著書です。いじめの現場をおさえた父親、いじめを受けてきた経験者の話など、長年の取材に基づくていねいなインタビューが印象的です。

 読んでいて、心にひっかかったのは、お二人のお話です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

光の春は確実に【コラム】

502号 2019/3/15

新しい事務所に変わって【編集後記】

502号 2019/3/15

国会上程は見送り 不登校の歴史vol.502

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...