不登校新聞

490号 2018/9/15

学校でのいじめは年32万件発生 子どものSOSに気づくためには

2018年09月19日 10:37 by koguma

 最新の調査によれば、国公私立の小・中・高等学校及び特別支援学校で認知されたいじめは32万件を超えています。

 いじめについては、それにより子ども自ら命を絶つ事案が毎年のように起きており、今年6月には新潟県の高校に通う男子生徒が「いじめを受けた」というメモをスマートフォンに残して自死するという痛ましい事件が起きています。

 いじめからわが子を守るために親には何ができるのか。子どもからのSOSに気づくために何が必要か。

 その示唆となるのが、いじめをはじめ、教育問題を20年以上に渡って取材し続けてきた岸田雪子さんの著書です。いじめの現場をおさえた父親、いじめを受けてきた経験者の話など、長年の取材に基づくていねいなインタビューが印象的です。

 読んでいて、心にひっかかったのは、お二人のお話です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...