連載「子ども若者に関する精神医学の基礎」


 「精神作用物質使用による障害」という診断があります。アルコール・麻薬・薬などの副作用で、「せん妄(意識の異常)」「健忘(記憶の異常)」「精神病性障害」「うつ」「不安」などが起こってくるときに用いる診断です。内科でも「薬剤性肝炎」「薬剤性心筋障害」などと、副作用に病名をつけるのと似ています。しかし、少しちがうのは、この診断のなかに「急性中毒」「依存」「離脱」「有害な使用」など、化学物質以外では起こらない診断名がならんでいることです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。