不登校新聞

492号 2018/10/15

かがり火

2018年10月11日 12:11 by kito-shin

 2019年は、国連子どもの権利条約が30周年になる。

 国連で「子どもの権利宣言」(児童の権利宣言)が1959年に採択されて30周年の1989年11月20日に子どもの権利条約が成立した。
 
 「子どもの権利宣言」は世界大戦の子どもの悲惨な被害への反省から作られたと言われる。30年後の子どもの権利条約はその「宣言」を超えて、子どもが自分の権利を使うことができる主体と認める子ども観に立ち、その権利を法的に保障する。
 
 しかし、現実の世界は、大は戦争、小は家庭での暴力による子どもの虐待は絶えず、わが国では政治権力が平和憲法のかなめである憲法9条を変えようと企てている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

光の春は確実に【コラム】

502号 2019/3/15

新しい事務所に変わって【編集後記】

502号 2019/3/15

国会上程は見送り 不登校の歴史vol.502

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...