不登校新聞

492号 2018/10/15

かがり火

2018年10月11日 12:11 by kito-shin

 2019年は、国連子どもの権利条約が30周年になる。

 国連で「子どもの権利宣言」(児童の権利宣言)が1959年に採択されて30周年の1989年11月20日に子どもの権利条約が成立した。
 
 「子どもの権利宣言」は世界大戦の子どもの悲惨な被害への反省から作られたと言われる。30年後の子どもの権利条約はその「宣言」を超えて、子どもが自分の権利を使うことができる主体と認める子ども観に立ち、その権利を法的に保障する。
 
 しかし、現実の世界は、大は戦争、小は家庭での暴力による子どもの虐待は絶えず、わが国では政治権力が平和憲法のかなめである憲法9条を変えようと企てている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

半年後の国会審議再開 不登校の歴史vol.512

512号 2019/8/15

教育機会確保法の周知徹底を

512号 2019/8/15

京アニの事件に思う【編集後記】

512号 2019/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...