不登校新聞

492号 2018/10/15

馳座長の本音 不登校の歴史vol.492

2018年10月11日 12:18 by kito-shin



 「多様な教育機会確保法(仮)」の立法チームの検討が始まった。前号に引き続き、第2回、第3回も、座長だった馳ブログから、内容を知るしかない。

 まず、2015年6月25日の「立法チーム第2回意見交換会」について。

 『座長思案についてのご意見を賜る。「夜間中学とフリースクールの支援根拠法は分けたほうが良いのでは?」「個別学習計画の認定のあり方が、ポイント。計画をつくることで子どもや保護者を追い込むことに、なってはいけない」「第三者機関で、計画のあり方や認定や修了についての議論をさせるべきでは」「子どもの成長や発達の段階に応じて学ぶ権利を尊重する、という文言を目的規定に入れるべきだ」「外国人学校に確信的に行かせた場合は、対象にするのか」などなど多岐にわたる。一つひとつ検証しながら、来週には論点整理を出したい』。

 次に、7月2日の第3回について。

 これまでに出た論点整理の文書審査。座長として説明。立法チームの先生方からは、「個別学習計画が必要か?」「保護者の負担にならないか?」「今のままの制度ではダメなのか?」「手続きが煩雑すぎないか?」と、座長試案に盛り込んだ、「個別学習計画を教育委員会に申請し、審査のうえ、認定を受ける制度」に意見集中。

 ここ、そもそも論。私が考えたのは、みなし就学義務制度。現状は、学校に復帰することを前提に、文部科学省からの通知などでフリースクールや不登校児への支援を対応している。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...