不登校新聞

492号 2018/10/15

いじめ・不登校対応に75億円 予算の使い道を調べてみたら

2018年10月11日 12:40 by koguma

2019年度概算要求(いじめ・不登校対応等の推進)

●外部専門家を活用した教育相談体制の整備・関係機関との連携 強化/約72億円

●いじめ対策・不登校支援等推進事業/約1億9000万円

●有識者会議等開催経費等/約2774万円

●夜間中学における就学機会の提供推進/約6623万円

******

 2018年8月末、文科省が19年度の概算要求を発表しました。いじめ・不登校対応に要求した予算は約75億円。この予算をもとに、文科省はどういった事業に取り組むのか、見ていきたいと思います。

専門家の加配に

 75億円のうち、ひときわ目を引くのが、教育相談体制の整備拡充にかかる予算です。

 心理の専門家であるスクールカウンセラーの配置拡充に約49億円、福祉の専門家であるスクールソーシャルワーカーの配置拡充に約20億円と、この2つの事業だけで全体の9割を占めています。

 文科省は「19年度までに全公立小中学校(約2万7500校)にスクールカウンセラーを配置する」という目標を掲げていましたので、95年から始まった同事業は今回をもって、一つの区切りということになります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「毅然とした生徒指導を」国立教育研究所と文科省が提言

196号(2006.6.15)

子どもの日に1万7000件の電話相談

196号(2006.6.15)

「3年間で不登校を半減政策」 新潟市で開始

196号(2006.6.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

495号 2018/12/1

バンドメンバー全員が不登校経験者という「JERRYBEANS」。そのボーカ...

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...