不登校新聞

492号 2018/10/15

いじめ・不登校対応に75億円 予算の使い道を調べてみたら

2018年10月11日 12:40 by koguma

2019年度概算要求(いじめ・不登校対応等の推進)

●外部専門家を活用した教育相談体制の整備・関係機関との連携 強化/約72億円

●いじめ対策・不登校支援等推進事業/約1億9000万円

●有識者会議等開催経費等/約2774万円

●夜間中学における就学機会の提供推進/約6623万円

******

 2018年8月末、文科省が19年度の概算要求を発表しました。いじめ・不登校対応に要求した予算は約75億円。この予算をもとに、文科省はどういった事業に取り組むのか、見ていきたいと思います。

専門家の加配に

 75億円のうち、ひときわ目を引くのが、教育相談体制の整備拡充にかかる予算です。

 心理の専門家であるスクールカウンセラーの配置拡充に約49億円、福祉の専門家であるスクールソーシャルワーカーの配置拡充に約20億円と、この2つの事業だけで全体の9割を占めています。

 文科省は「19年度までに全公立小中学校(約2万7500校)にスクールカウンセラーを配置する」という目標を掲げていましたので、95年から始まった同事業は今回をもって、一つの区切りということになります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...