不登校新聞

492号 2018/10/15

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

2018年10月15日 11:16 by kito-shin



「僕はひきこもりだ。生粋のひきこもりだと思う。何の価値もない、何もできやしない、自分の部屋にしか居場所のないひきこもりである」。

 そんな書き出しで始まるこの本は、こう続きます。

 「そう十数年もの間ずっと思っていたが、どうも違うらしい」。

 中村秀治さんは小6で不登校になり、中学校に通ったのは最初の1週間だけでひきこもりに。昼間は働きながら定時制高校を卒業したのちに就職するも、1年経たずに辞職、ふたたびひきこもるようになると、家族以外との人間関係を絶った生活は6年間続きました。

 この本のおもしろいところは、中村さんのひきこもり体験記ではなく、約3カ月間に渡るボランティア体験記にページの大半を割いているところにあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...