不登校新聞

492号 2018/10/15

ひきこもりから被災地支援へ 気づかぬうちに支えになったもの【書籍紹介】

2018年10月15日 11:16 by kito-shin



「僕はひきこもりだ。生粋のひきこもりだと思う。何の価値もない、何もできやしない、自分の部屋にしか居場所のないひきこもりである」。

 そんな書き出しで始まるこの本は、こう続きます。

 「そう十数年もの間ずっと思っていたが、どうも違うらしい」。

 中村秀治さんは小6で不登校になり、中学校に通ったのは最初の1週間だけでひきこもりに。昼間は働きながら定時制高校を卒業したのちに就職するも、1年経たずに辞職、ふたたびひきこもるようになると、家族以外との人間関係を絶った生活は6年間続きました。

 この本のおもしろいところは、中村さんのひきこもり体験記ではなく、約3カ月間に渡るボランティア体験記にページの大半を割いているところにあります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

長年の不登校活動で「毎日社会顕彰」受賞

494号 2018/11/15

立法チームでの議論 不登校の歴史vol.494

494号 2018/11/15

音楽を聴き倒したいので聴き放題【編集後記】

494号 2018/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

493号 2018/11/1

「他人と関わるのが怖い」と言って10年ひきこもっていた鬼頭信さん(30歳)...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...