不登校新聞

492号 2018/10/15

いじめ問題を取材して20年 報道から見たいじめ調査の問題点

2018年10月18日 10:26 by kito-shin

 今回は、日本テレビ報道キャスターの岸田雪子さんのインタビューを掲載する。岸田さんは報道キャスターを務めるかたわら、いじめなどの教育問題を長年取材し続けている。6月に出版した新著のほか、いじめを取り巻く環境の変化などについて、お話をうかがった。

――著書『いじめで死なせない~子どもの命を救う大人の気づきと言葉』を出版するいきさつからお聞かせください。

 いじめについては20年以上取材を続けていますが、過去の事例から知識や教訓として積み重ねるべきものが社会全体で共有されていないという危機感をずっと持っていました。

 私はテレビ一筋、報道一筋の人間です。いじめ問題もテレビを通じて伝えてきたつもりですが、より多くの人と知識を共有するためには、書籍化というのもひとつの手段ではないかと思ったのがきっかけです。

 「死なせない」というタイトルにしたのも、いじめで子どもが死なずにすむ社会を大人はどうしたらつくれるのか、そこが問われているとの思いからです。ですので、子どもに「死なないで」と伝えるのではなく、あくまでこの本で訴えたい相手は大人なんです。

――この20年間、いじめを取り巻く環境で変化を感じるところはありますか?

 ふたつあって、ひとつは「手段」です。

 子どもの多くがSNSを使うようになり、「LINE外し」のように、仲間外れの手段とされてしまうことも増えました。ネットいじめは、加害意識が低いままに参加してしまう子も多いので、同調圧力という点については、インターネットがない時代と比べて強まっていると思います。

 もうひとつは「家庭」です。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親ってほんとに子どもが心配なの」加藤登紀子が語る子離れの瞬間

538号 2020/9/15

ゲームに熱中する子に対して、してはいけない3つのタブー

534号 2020/7/15

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...