不登校新聞

493号 2018/11/1

全国に先駆けて千葉県で始まる 教育機会確保に関する条例づくり

2018年10月30日 10:24 by kito-shin



 2018年10月6日、「千葉県フリースクール等ネットワーク」(以下、CFN)が主催するシンポジウムが開催され、不登校の子の親、フリースクール主宰者、元文科省職員、県議会議員らがシンポジストとして登壇した。

 「教育機会確保法」が2017年2月に施行されて以降、千葉県内の動きは活発だ。

 フリースクール関係者が中心となり、同年9月にCFNが発足。2018年3月には「千葉県議会フリースクール等教育機会確保議員連盟」が超党派で発足し、48名の県議会議員が参加した。両者は県の教育委員会も交えた懇談会を開くなど、連携を続けている。

 今回、新しい動きが2つある。「フリースクール等に対する公的支援を求める意見書」の提出と「多様な教育機会の確保に関する条例(案)」の作成だ。

 意見書は、議連会長の吉本充議員があいさつのなかで言及。千葉県が国に対し、フリースクールなどに対する公的支援を求める内容で、10月11日の定例県議会で採択され、同日付で内閣総理大臣、文部科学大臣などに提出された。

 条例については、議連幹事長の関政幸議員が「急いでも1年はかかる」との見通しを示したうえで、「県としてできることを検討し、前にすすめていくのは議連の総意である」と語った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...