不登校新聞

493号 2018/11/1

私に必要だった“愚かな行為”

2018年10月26日 11:33 by kito-shin



 最近、「愚行権」という言葉をはじめて知った。

 愚行権とは社会思想家ジョン・スチュアート・ミルが提唱した概念で、ひらたくいえば「たとえ他者から見て愚かな行為であっても、個人にはその行為をする自由がある」という考え方のことだ。

 学校に行かなくなってから、必然的に家ですごす時間が増えた。自分の意思とは関係なく家にいるのは、けっこうしんどかった。それに世の中でいう「フツウ」で考えてしまうから、「愚かな行為」をする自分に対してつねに罪悪感がつきまとっていた。

 でも、今なら言える。家にこもることも、ひたすら寝続けることも、趣味に没頭することも、無になることも、ときには必要な時間だって。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

実際に通った生徒2名が語る「通信制高校」の体験談

534号 2020/7/15

人と接するのが怖かった私が人の気持ちに寄り添いたいと思うまで

533号 2020/7/1

10年間、不登校してわかった意外と生きていける理由

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...