不登校新聞

493号 2018/11/1

私に必要だった“愚かな行為”

2018年10月26日 11:33 by kito-shin



 最近、「愚行権」という言葉をはじめて知った。

 愚行権とは社会思想家ジョン・スチュアート・ミルが提唱した概念で、ひらたくいえば「たとえ他者から見て愚かな行為であっても、個人にはその行為をする自由がある」という考え方のことだ。

 学校に行かなくなってから、必然的に家ですごす時間が増えた。自分の意思とは関係なく家にいるのは、けっこうしんどかった。それに世の中でいう「フツウ」で考えてしまうから、「愚かな行為」をする自分に対してつねに罪悪感がつきまとっていた。

 でも、今なら言える。家にこもることも、ひたすら寝続けることも、趣味に没頭することも、無になることも、ときには必要な時間だって。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

人を殺さないために7年間、心を閉ざした。僕のひきこもりが終わったとき

509号 2019/7/1

ひきこもったら人はどうなるのか、報道されないひきこもり経験者の声

508号 2019/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...