不登校新聞

493号 2018/11/1

私に必要だった“愚かな行為”

2018年10月26日 11:33 by kito-shin



 最近、「愚行権」という言葉をはじめて知った。

 愚行権とは社会思想家ジョン・スチュアート・ミルが提唱した概念で、ひらたくいえば「たとえ他者から見て愚かな行為であっても、個人にはその行為をする自由がある」という考え方のことだ。

 学校に行かなくなってから、必然的に家ですごす時間が増えた。自分の意思とは関係なく家にいるのは、けっこうしんどかった。それに世の中でいう「フツウ」で考えてしまうから、「愚かな行為」をする自分に対してつねに罪悪感がつきまとっていた。

 でも、今なら言える。家にこもることも、ひたすら寝続けることも、趣味に没頭することも、無になることも、ときには必要な時間だって。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親のこと、どう思ってる?」親に言えない不登校当事者の本音

494号 2018/11/15

「あの子たちを憎む私が嫌いだった」当事者しか解らない不登校の苦痛

493号 2018/11/1

10年間ひきこもって、ダイニングバーのマスターを始めました

493号 2018/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

494号 2018/11/15

文科省の調査によると2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5...

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...