不登校新聞

199号(2006.8.1)

ひといき

2018年11月06日 15:30 by shiko

 長田塾にアイ・メンタルスクール、戸塚ヨットスクール……と愛知県は不登校あるいはひきこもりの子どもに対する暴力が蔓延している。

 この前、出所後の戸塚校長がテレビに生出演して自分の体罰を肯定する教育論をとくとくと語っていた。ほかの出演者も「あなたはすばらしい」と言わんばかりに戸塚氏をほめたたえていた。

 一般社会では否定されてしまうが「教育」と名がつけば、暴力も殺人も賞賛されてしまう。おそろしいことである。

 子どもを狙った犯罪が連続しているけれど、そんなに悪いことをしたいんだったら子どもの「教育」と書いたのぼりでも立てて塾でも開けばいい。殺人も詐欺も許されるから。(名古屋支局・多田耕史)

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...