不登校新聞

199号(2006.8.1)

読者の声

2018年11月06日 15:31 by shiko

 私が関わる「千葉休もう会」が18年、「登校拒否を考える会佐倉」が17年、「ネモ ちば不登校・ひきこもりネットワーク」も、はや3年を迎えました。

 会を続けてると山あり谷ありいろんなことがありました。楽しいこともたくさんあるけれど、胸が痛むこともたくさん起こってきました。

 よく「人生とは重荷を背負って山を登るようなもの」などと表現される。誰でもそれはあるのだけれど、ときには背負いきれないほどの重荷につぶされそうになり、ただ呆然とするしかないということもあります。会があっても「何もできないなあ」と無力感を感じ、どうしようもできないこともよくあります。

 親の会のできることって、なんだろう? お金も人手もないわけだから、基本的には場を設けるということしかできない。でもその“場”の持つ意味ってなんだろう?

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...