不登校新聞

199号(2006.8.1)

子どもの声から大きなうねりを【子どもの権利条約】

2018年11月06日 15:45 by shiko

 条約は、子どもにとって一番いいことを考えるときに、おとなが勝手に決めるのではなく、子どもの意見を尊重しましょう、という価値観の大きな変化を世界にもたらしました。

 ところが、子どもの意見はおとなが大半を占める社会に届きにくいのが現状です。子どもが何も考えていないのではなく、おとながキャッチできないのです。
 そこで、子どもが意見をだしやすいように子ども参加を促進していく試みが世界中で進められるようになりました。

 子ども参加がもっとも進んだ分野のひとつが、子どもの商業的性的搾取(CSEC)に関連するものです。

 CSECは、子ども買春・子どもポルノ・性的目的のための人身売買を指します。日本のおとなたちは、子どもの性を買う側として世界的に非難されてきました。

 そこで、この問題に積極的に取り組むために、2001年、第2回子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議が横浜で開催されました。136カ国の政府代表など3000人を越えるおとなたちが横浜に集い、100人もの子ども・若者代表が参加し、世界の子ども参加を加速する出来事となりました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

光の春は確実に【コラム】

502号 2019/3/15

新しい事務所に変わって【編集後記】

502号 2019/3/15

国会上程は見送り 不登校の歴史vol.502

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...