不登校新聞

199号(2006.8.1)

子どもの声から大きなうねりを【子どもの権利条約】

2018年11月06日 15:45 by shiko

 条約は、子どもにとって一番いいことを考えるときに、おとなが勝手に決めるのではなく、子どもの意見を尊重しましょう、という価値観の大きな変化を世界にもたらしました。

 ところが、子どもの意見はおとなが大半を占める社会に届きにくいのが現状です。子どもが何も考えていないのではなく、おとながキャッチできないのです。
 そこで、子どもが意見をだしやすいように子ども参加を促進していく試みが世界中で進められるようになりました。

 子ども参加がもっとも進んだ分野のひとつが、子どもの商業的性的搾取(CSEC)に関連するものです。

 CSECは、子ども買春・子どもポルノ・性的目的のための人身売買を指します。日本のおとなたちは、子どもの性を買う側として世界的に非難されてきました。

 そこで、この問題に積極的に取り組むために、2001年、第2回子どもの商業的性的搾取に反対する世界会議が横浜で開催されました。136カ国の政府代表など3000人を越えるおとなたちが横浜に集い、100人もの子ども・若者代表が参加し、世界の子ども参加を加速する出来事となりました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...