不登校新聞

199号(2006.8.1)

10年間で8倍に増、虐待相談件数3万件超

2018年11月06日 15:32 by shiko

 

 厚生労働省は、2006年6月29日、05年度の児童虐待の相談件数(速報値)を発表した。

 それによると、児童虐待の相談に対し、全国の児童相談所が具体的に対応した(在宅指導、施設入所措置など)件数は、過去最高だった04年度を1043件も上回り、3万4451件だった。対応件数は、この10年で8・4倍に増加している。 

 一報、相談の受付件数は3万4297件と、04年度を355件(約1%)下回った。しかし、これは04年4月の児童福祉法改正により、市町村が児童虐待の相談に応じるようになったためで、児童相談所への相談は微減したものの、相談件数そのものは減っていないと、厚労省は見ている。

 対応件数について自治体別にみると、秋田県、東京都、沖縄県など26都道府県と9政令市で増加、山形県、兵庫県、大阪府、佐賀県など19府県と4政令市で減少した。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

9年連続で「人間関係」がトップ、子どもからの電話相談

519号 2019/12/1

いま不登校支援のあり方が変わる、文科省が新しい通知を発表

518号 2019/11/15

公的資金などを求め「東京都フリースクール等ネットワーク」設立

518号 2019/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...