不登校新聞

354号(2013.1.15)

いじめ、半年間で倍増 文科省まとめ

2013年04月15日 12:25 by shiko
文科省は「いじめ・いじめ自殺」の社会問題化を受け、昨年いじめに関する緊急調査の結果を11月22日に発表した。調査対象は全国の国公私立の小・中・高。調査結果によると2012年は上半期のみで約14万件のいじめがあった(前年約7万件)。また、文科省は生命や身体の危険性が考えられる「重大ないじめ」も調査。278件が「重大ないじめ」だと認知された。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』らが共同メッセージ発信 「9月1日」の子どもの自殺に向けて【公開】

465号 2017/9/1

行政からも求められる「不登校の中間支援組織」 千葉で新たに設立

465号 2017/9/1

小中高生の自殺 原因は「学校」10年連続トップ

457号 2017/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...