不登校新聞

199号(2006.8.1)

「不登校」を理由に児童相談所が家庭訪問?

2018年11月06日 15:33 by shiko

 厚生労働省は、2006年6月29日、05年度の児童虐待の相談件数(速報値)を発表した。

 それによると、児童虐待の相談に対し、全国の児童相談所が具体的に対応した(在宅指導、施設入所措置など)件数は、過去最高だった04年度を1043件も上回り、3万4451件だった。対応件数は、この10年で8・4倍に増加している。

 一報、相談の受付件数は3万4297件と、04年度を355件(約1%)下回った。しかし、これは04年4月の児童福祉法改正により、市町村が児童虐待の相談に応じるようになったためで、児童相談所への相談は微減したものの、相談件数そのものは減っていないと、厚労省は見ている。

 対応件数について自治体別にみると、秋田県、東京都、沖縄県など26都道府県と9政令市で増加、山形県、兵庫県、大阪府、佐賀県など19府県と4政令市で減少した。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...