不登校新聞

199号(2006.8.1)

「不登校」を理由に児童相談所が家庭訪問?

2018年11月06日 15:33 by shiko

 厚生労働省は、2006年6月29日、05年度の児童虐待の相談件数(速報値)を発表した。

 それによると、児童虐待の相談に対し、全国の児童相談所が具体的に対応した(在宅指導、施設入所措置など)件数は、過去最高だった04年度を1043件も上回り、3万4451件だった。対応件数は、この10年で8・4倍に増加している。

 一報、相談の受付件数は3万4297件と、04年度を355件(約1%)下回った。しかし、これは04年4月の児童福祉法改正により、市町村が児童虐待の相談に応じるようになったためで、児童相談所への相談は微減したものの、相談件数そのものは減っていないと、厚労省は見ている。

 対応件数について自治体別にみると、秋田県、東京都、沖縄県など26都道府県と9政令市で増加、山形県、兵庫県、大阪府、佐賀県など19府県と4政令市で減少した。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

毎日の欠席連絡は地獄です。不登校の親に聞く「8つの質問」その1

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...

577号 2022/5/1

項目にチェックするだけで、学校と親が話し合いをする際に使える資料にもなる「...

576号 2022/4/15

子育ての話題では、お父さんがどうしても置いてきぼりになりがちです。夫婦です...