不登校新聞

199号(2006.8.1)

「不登校」を理由に児童相談所が家庭訪問?

2018年11月06日 15:33 by shiko

 厚生労働省は、2006年6月29日、05年度の児童虐待の相談件数(速報値)を発表した。

 それによると、児童虐待の相談に対し、全国の児童相談所が具体的に対応した(在宅指導、施設入所措置など)件数は、過去最高だった04年度を1043件も上回り、3万4451件だった。対応件数は、この10年で8・4倍に増加している。

 一報、相談の受付件数は3万4297件と、04年度を355件(約1%)下回った。しかし、これは04年4月の児童福祉法改正により、市町村が児童虐待の相談に応じるようになったためで、児童相談所への相談は微減したものの、相談件数そのものは減っていないと、厚労省は見ている。

 対応件数について自治体別にみると、秋田県、東京都、沖縄県など26都道府県と9政令市で増加、山形県、兵庫県、大阪府、佐賀県など19府県と4政令市で減少した。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

507号 2019/6/1

「カウンセリング辞めました」親子で違和感を抱えた半年間

507号 2019/6/1

兄弟そろって不登校になったので、毎日が不安でたまらなかった

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...