不登校新聞

199号(2006.8.1)

世界フリースクール大会、シドニーで開催

2018年11月06日 15:47 by shiko

 毎年、開催されているデモクラティックエデュケーションの世界大会、IDEC(International Democratic Education Conference)は、2006年は7月11日~17日、オーストラリアのシドニーで開催された。以下、概要をお伝えする。

 今回の主催は、オーストラリアでも古いオルタナティブスクールであるカランベーナ校が中心となり、オーストラリア国内の他の関係者と協力して開催にこぎつけた。オーストラリアには、現在11のオルタナティブスクールがあり、ゆるやかなネットワークを組んで活動している。

 参加者は約200名。参加国は、地元オーストラリア、隣国のニュージーランドをはじめ、アジアからは韓国、日本、ビルマ、タイ、ネパール、イスラエル。ヨーロッパからはドイツ、スペイン、スイス。そしてアメリカなどから、オルタナティブスクール約30団体と、個人の研究者や公立学校の教師などが参加した。

 参加者200名のうち170名が1週間宿泊をともにし、上から教え込む教育ではなく、子どもを主体とするデモクラティック(民主的)な教育について研修し、交流し、話し合った。

 日本からは、寺子屋方丈舎(福島県)、東京シューレが参加した。

 1993年に始まったIDECは、毎年、各国持ち回りで開催され、06年で13回目を数える(01年イスラエル・パレスチナでの開催予定は、戦争の影響で中止となった)。日本では、2000年に第8回大会が開催された。07年はブラジルで開催される予定。

 IDECは、開催国によって大会のあり方が大きく異なるが、今大会準備の中心となったセシリアさんは、「①いかに参加者に気持ちよく参加してもらえるか、②用意して提供するのではなく参加者でつくり合う大会にしたい、③参加者どうしでつながってほしい、という3つを方針に準備してきた」と語った。

 セシリアさんはカランベーナ校を中心的に支えてきた元スタッフで、オーストラリア国内のオルタナティブ教育と、そのネットワークで活躍してきた人物である。

 そして、彼女が語ったように、今年は、アットホームな雰囲気で、すべての参加者がおたがいに顔なじみになり、言葉を交わせる大会規模と運営方法だった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

580号 2022/6/15

編集後記

580号 2022/6/15

『不登校新聞』のおすすめ

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...

578号 2022/5/15

2021年、初の民間フリースクールとなる「フリースクールMINE」が鹿児島...