不登校新聞

198号(2006.7.15)

かがり火

2018年11月06日 15:12 by shiko

 虐待は防ぎたい。しかし、このことが不登校の子どもとその家庭に深刻な影響を与えている状況もある。教師やスクールカウンセラーなどが家庭訪問する際、虐待ではないか確かめるため、直接、子どもと会うことを強く求めるようになった。

 子どもが会いたくないにも関わらず、無理に会う、あるいは“「虐待親」と見られたくない”という心理が働き、親は子どもが会うよう仕向ける。そうした例も出てきている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

567号 2021/12/1

森の喫茶店 第567号

567号 2021/12/1

編集後記

566号 2021/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

567号 2021/12/1

いじめを受けて中学2年生で不登校。傷つけられた一言と、支えられた一言は、と...

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...