不登校新聞

198号(2006.7.15)

かがり火

2018年11月06日 15:12 by shiko

 虐待は防ぎたい。しかし、このことが不登校の子どもとその家庭に深刻な影響を与えている状況もある。教師やスクールカウンセラーなどが家庭訪問する際、虐待ではないか確かめるため、直接、子どもと会うことを強く求めるようになった。

 子どもが会いたくないにも関わらず、無理に会う、あるいは“「虐待親」と見られたくない”という心理が働き、親は子どもが会うよう仕向ける。そうした例も出てきている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひといき

554号 2021/5/15

森の喫茶店 第554号

554号 2021/5/15

ひといき

553号 2021/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...