不登校新聞

198号(2006.7.15)

みんなの学習広場づくりを【市民社会フォーラム】

2018年11月06日 15:11 by shiko

 「分野を越えた学習・交流と社会への問題発信を」、NPO関係者や研究者らとゆるやかなつながりをつくる市民社会フォーラム。会費や会則はなく「組織としての目標を掲げない」のが、この団体のコンセプト。

 会員どうしは、メーリングリスト(以下、ML)で日常的なつながりをもち、毎月開かれる定例会や社会科学研究会で顔を合わす。ML参加者は活動拠点である神戸、京都、大阪を中心に全国各地に広がっており、現在は約300名が登録している。

 もともと市民社会フォーラムは、当時、大学生だった3人が2002年に立ち上げた団体。楠真次郎さん(市民社会フォーラム座長)ら3名が、「さまざまな社会問題をより多くの人と議論しあってみたい」という思いからこの団体を出発させた。

 現在、スタッフは9名。全員がボランティアで関わっている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校復帰を目指さない」教委が語る栃木県町長の教育改革

191号(2006.4.1)

NPO代表が語る、学校外の学びを公的に位置付ける意義

191号(2006.4.1)

知事の提案で広がった不登校の支援事業

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...