不登校新聞

198号(2006.7.15)

なぜ土用の丑の日にウナギを食べる?【小ネタ】

2018年11月06日 14:31 by shiko

 土用の丑の日といえば、ウナギを食べる習慣があります。なぜ、ウナギを食べるのでしょうか。

 そもそも、土用とは中国で考え出された「陰陽五行」にもとづいた期間のこと。各季節の終わり(立春・立夏・立秋・立冬)の前、18~19日間が土用です。つまり、各季節のあいだの期間が「土用」と考えられています。なので「土用の丑の日」は、年に4回もあることになります。

 では、なぜ夏にだけ「土用の丑の日=ウナギ」と言われるようになったのでしょうか。これには諸説あります。

 一番有名なのが、蘭学者・平賀源内が、「丑の日に『う』の字がつくものを食べると夏負けしない」という言い伝えをウナギ屋の主人に教えたことから広まったという説です。

 この説、本当かどうか定かではありませんが、陰陽五行から考えると「うなぎがよい」というのも、納得ができます。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...