不登校新聞

198号(2006.7.15)

読者の声「奈良少年放火事件」

2018年11月06日 15:10 by shiko
2018年11月06日 15:10 by shiko

 いま世間を騒がせている奈良県田原本町の放火殺人の高校生の事件、気になっています。彼の苦しさ、どうやったら世間で受けいれてもらえるようになるのでしょう。

 私も、父親の期待に沿えるだけ頭がよくなかったし、私自身の中学高校時代と共通点が多くて、気の毒で、人ごととは思えないのです。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校へ行ってくれたらな」息子の不登校から1年、迷い続ける母の本音

583号 2022/8/1

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…