不登校新聞

198号(2006.7.15)

ニート64万人、内閣府が政策を白書にまとめる

2018年11月06日 15:09 by shiko

 内閣府は2006年6月27日、06年版「青少年の現状と施策」(青少年白書)を公表した。白書によると、05年の「フリーター」は201万人で、2年連続で減少した。いわゆる「ニート」は推計64万人で、前回調査の04度と同じだった。

 「フリーター」の定義は、15~34歳の卒業者で、女性は未婚者であること、就業者は就業形態がアルバイトもしくはパートであること、無業者の場合は家事も通学もしておらず「パート・アルバイト」の仕事を希望している者であること、となっている。

 「ニート」については、近い概念として「若年無業者」を推計しており、年齢が15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない人としている。

 また、05年の15~29歳の失業率は4・4%で、02年の5・5%から3年連続で改善したが、98年に4%を超えて以降、高水準が続いている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...