不登校新聞

198号(2006.7.15)

ニート64万人、内閣府が政策を白書にまとめる

2018年11月06日 15:09 by shiko

 内閣府は2006年6月27日、06年版「青少年の現状と施策」(青少年白書)を公表した。白書によると、05年の「フリーター」は201万人で、2年連続で減少した。いわゆる「ニート」は推計64万人で、前回調査の04度と同じだった。

 「フリーター」の定義は、15~34歳の卒業者で、女性は未婚者であること、就業者は就業形態がアルバイトもしくはパートであること、無業者の場合は家事も通学もしておらず「パート・アルバイト」の仕事を希望している者であること、となっている。

 「ニート」については、近い概念として「若年無業者」を推計しており、年齢が15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない人としている。

 また、05年の15~29歳の失業率は4・4%で、02年の5・5%から3年連続で改善したが、98年に4%を超えて以降、高水準が続いている。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

「生きていることが辛い」不登校の中学生にLINEで調査

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...