不登校新聞

198号(2006.7.15)

ひきこもり矯正で死者“アイ・メンタルスクール事件”を受け緊急集会

2018年11月06日 15:09 by shiko

 ひきこもりの若者「更生」施設“アイメンタルスクール”で、東京都から連れてこられた男性(26歳)が死亡した事件(2006年4月18日/名古屋市)について、06年7月9日、名古屋市国際会議場にて、緊急シンポジウムが開催された(主催・「アイメンタルスクール事件」を考える愛知の会)。

 シンポジウムでは、ジャーナリストの伊藤智明氏が事件経過を報告した後、芹沢俊介氏(評論家)、高岡健氏(精神科医)、本紙理事の多田元(弁護士)、高木ひろし氏(愛知県議員)、鈴木美登里氏(名古屋オレンジの会)が、それぞれ、事件についての見解や、「引き出し業者」の問題について、ひきこもりへの見方についてなど、意見を出し合った。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「生きていることが辛い」不登校の中学生にLINEで調査

507号 2019/6/1

“隠れ不登校”は4人に1人、中学生1万8000人にLINEで調査

507号 2019/6/1

中学生に直接聞いた不登校理由、国の調査と大きな隔たり

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...