不登校新聞

198号(2006.7.15)

子どものシェルター名古屋で開設

2018年11月06日 15:26 by shiko
2018年11月06日 15:26 by shiko

 2006年7月1日名古屋市で子どもセンターパオ設立総会が開かれ、理事長に多田元弁護士、副理事長に児童養護施設「暁学園」園長・菱田理氏を選任した。

 今後、子どもセンターパオは、NPO法人の認証を受け、来年春に緊急に避難できる居場所の必要な子どものためのシェルターの事業開始をめざす。さらに将来的な展開としては、自立援助ホームも開設し、家庭などの生活基盤に恵まれず、居場所を失った子ども・若者を受けいれ、自立を援助する事業も目指していく。

 設立記念行事「とり戻そう、子どもたちの笑顔を!」では、タレントの矢野きよ実さんが「人と人~きみの声が聴きたいんです」と題して、自分自身の体験から、やさしさに触れることのできる人と人との出会い、本音を言葉にできるために誰かがそばにいてくれることの大切さを語った。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…