不登校新聞

198号(2006.7.15)

子どものシェルター名古屋で開設

2018年11月06日 15:26 by shiko

 2006年7月1日名古屋市で子どもセンターパオ設立総会が開かれ、理事長に多田元弁護士、副理事長に児童養護施設「暁学園」園長・菱田理氏を選任した。

 今後、子どもセンターパオは、NPO法人の認証を受け、来年春に緊急に避難できる居場所の必要な子どものためのシェルターの事業開始をめざす。さらに将来的な展開としては、自立援助ホームも開設し、家庭などの生活基盤に恵まれず、居場所を失った子ども・若者を受けいれ、自立を援助する事業も目指していく。

 設立記念行事「とり戻そう、子どもたちの笑顔を!」では、タレントの矢野きよ実さんが「人と人~きみの声が聴きたいんです」と題して、自分自身の体験から、やさしさに触れることのできる人と人との出会い、本音を言葉にできるために誰かがそばにいてくれることの大切さを語った。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

「先生だってたいへんなんです」精神疾患で休職する教員の実情は

499号 2019/2/1

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...