不登校新聞

494号 2018/11/15

「学校と話すとホントに腹が立つ」校長と私のバトルレポート

2018年11月13日 12:10 by kito-shin



 2018年10月15日発行の本紙に寄稿した渡辺マミさん。渡辺さんのお子さんは「週3日だけ登校したい」との意向があった。その意向を伝えると、渡辺さんは学校から呼び出され、「毎日、登校させて」という校長との言い合いに発展。そんな渡辺家が、新しい展開に入ったという。

 * * *

 私の子は11歳で公立小学校に通っています。先月までは「週3回、学校に登校したい」と要望しており、そのことで学校、とくに校長先生と揉めてきました。

 ところが、ウチの11歳さん、「もう学校には行かない」と言い出しました。フリースクールや、私が始めたホームスクールサポートセンター、習い事には通っており、学校の友だちとも遊べるため「学校へ行かない宣言」に至ったそうです。

 こうなる予感もありましたが観念して、その意向を学校へ伝えしました。と、またも学校から、お呼び出しが……。

 学校に着くと校長先生との面談が始まりました。校長先生からの「なぜ学校へ来ないのか」というお尋ねに対し、ありのままの子どもの言葉を伝えました。

 「授業がつまらない」「勉学への欲望が生まれない」「どの先生も5分ですむ話に45分もかけている」「自分で論理的に考えたい」などです。

 すると、校長は親である私を責め始めました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

晴天の霹靂だった「孫の不登校」、葛藤のなかでつかんだ私の方針

519号 2019/12/1

「不登校は悪いことではない」孫の不登校で固まった祖母の決意

519号 2019/12/1

不登校解決に向けた親への助言が聞いててつらい理由と親の会の意義

519号 2019/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...