不登校新聞

494号 2018/11/15

不登校が最も多かった2017年度 なぜ不登校は増え続けているのか

2018年11月12日 16:58 by kito-shin



 文科省は2018年10月25日「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」(以下・本調査)の速報値を発表した。2017年度に不登校した小中学生は14万4031人。5年連続で増加し、16年ぶりに過去最多を更新した。

 不登校児童生徒の内訳をみると、小学生は3万5032人で過去最多を更新。中学生は10万8999人で過去2番目に多い数字となった。前年度と比べると小中学校で1万348人増加した。

 一方で全児童生徒数は982万人で過去最少を更新。子どもに占める不登校の割合は1・5%で過去最多を更新している。不登校が増加している理由について文科省は「複合的な要因が絡み合っているので原因を特定することは難しい」と答えるにとどまっており、分析を続ける予定。

 増加の背景について、千葉県習志野市にあるフリースクール「ネモ」理事長の前北海さんは、不登校への認知度の高まりと「子どもが感じるストレスの増加」を挙げた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「生きていることが辛い」不登校の中学生にLINEで調査

507号 2019/6/1

“隠れ不登校”は4人に1人、中学生1万8000人にLINEで調査

507号 2019/6/1

中学生に直接聞いた不登校理由、国の調査と大きな隔たり

507号 2019/6/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...