不登校新聞

197号(2006.7.1)

フィンランドと日本の教育のちがい

2018年11月22日 10:31 by shiko



 夏至を過ぎると北欧諸国では白夜の季節になる。ムーミン童話を生んだフィンランドでも「夏祭り」が始まっているころだ。

 フィンランドは経済協力開発機構の国際学力テストで2年連続世界一の学力水準が認められた国である。

 『競争をやめたら学力世界一』(福田誠治著)を読むと、フィンランドの教育方針がどんなものか見えてきた。

 「教育はいやがるものに強制するものではない」

 「学校は学び方を教えるところ」

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校新聞社がシチズン、BLGOSから表彰

500号 2019/2/15

とりまとめ、といっても 不登校の歴史vol.500

500号 2019/2/15

ひといき

500号 2019/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...