不登校新聞

197号(2006.7.1)

フィンランドと日本の教育のちがい

2018年11月22日 10:31 by shiko



 夏至を過ぎると北欧諸国では白夜の季節になる。ムーミン童話を生んだフィンランドでも「夏祭り」が始まっているころだ。

 フィンランドは経済協力開発機構の国際学力テストで2年連続世界一の学力水準が認められた国である。

 『競争をやめたら学力世界一』(福田誠治著)を読むと、フィンランドの教育方針がどんなものか見えてきた。

 「教育はいやがるものに強制するものではない」

 「学校は学び方を教えるところ」

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...