不登校新聞

197号(2006.7.1)

ザ・コーポレーション【映画評】

2018年11月22日 10:43 by shiko



 村上ファンド事件にライブドア事件、シンドラー社のエレベーター事故、耐震強度問題などなど、最近のニュースは企業の「不祥事」に事欠かない。

 わが家では、5歳の息子までが「アメリカサンギューニク」「ホリエモン」「アネハモトケンチクシ」など、ニュースで耳にした言葉をぶつぶつ唱える始末で、「それってどういう意味?」と聞かれるたびに、「う~ん説明が難しいな」とぼやいてしまう。

 事件が起きるたび、ニュースはワイドショー的に騒ぎ立て、悪役叩きに血眼になるが、残念ながら、現実はハリウッド映画ではないので、黒幕をやっつけたらハッピーエンド、なんてわけにはいかない。問題は、この社会の構造にこそあるのだから。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...