不登校新聞

197号(2006.7.1)

シンガーソングライターが見つけた喜び

2018年11月22日 10:46 by shiko



 自殺やいじめを唄うシンガーソングライター・モリサオリさん。モリさんに、これまでの経緯や歌への思いをうかがった。

 * * *

 モリさんが音楽をはじめるきっかけは、中学校のころのバンドブーム。

 16歳のとき、高校を中退し、アルバイトとバンドを両立しながらプロを目指した。20歳のときには音楽事務所と契約し、22歳のときに上京。契約した事務所の一角に住みこむという「下積み生活」を続けた。

 しかし、所属バンドが25歳のときに解散。神戸に戻って、「一人で歌を続けよう」とストリートからの再出発を期した。

 そんなおり、親しい友人が自殺で亡くなってしまった。その日、「やたらに酒を飲んで、一晩でつくった」曲があるという。28歳のときにも同様に友人を自殺で亡くし、つくりなおしたのが「今夜 夢に出てきてくれないか」。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもをまんなかに(中)

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

189号(2006.3.1)

世界王者・秋元正行が語る、ルービックキューブの魅力

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...