不登校新聞

197号(2006.7.1)

高校進学に伴い姉妹とも身体に症状 危機を乗り切った原則とは

2018年11月27日 16:55 by shiko



 現在32歳の長女は中学2年のとき不登校になりました。

 私たち夫婦は、先生や友だちに迎えにきてもらう、車に押し込んで連れて行くなど、まさに「首縄時代」のやり方で学校に戻そうとしましたが、長女の体調はさらに悪化、3年生に入るとほとんど登校できなりました。

 これでは高校は無理ということで、留年し次年度の受験に備えることにしました。しかし、長女の生活はメチャメチャになってしまいました。

 私たちは高校進学へのこだわりが長女を追いつめたことに気づき、そのこだわりを捨てました。

 すると、親の気持ちがすっと楽になり、自然に子どもとやさしく接することができるようになりました。それで長女は安心感を持つことができたのでしょう。コミュニケーションも回復して、長女は急速に元気になっていきました。

 たしかに、ほぼ全員が高校に進学できるのは、社会の進歩にちがいありませんが、高校に行くのが当たり前で、「そこから外れたら子どもの人生はおしまい」という考えも根強いようです。

 しかし、「十五の春にかならずどこかの高校に行かなければならない」という考えから親も本人も自由になれば、大半の「不登校問題」は解決すると思います。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...