不登校新聞

197号(2006.7.1)

少年法改正後の逆送3.8倍に増加

2018年11月22日 11:04 by shiko



 法務省は2006年6月9日、01年4月に施行された改正少年法の、この5年間の運用状況をまとめ、国会に報告した。

 改正少年法では、殺人など重大事件の場合、原則として家裁から検察官に送致(逆送)されることになったが、16歳以上の少年のうち、実際に逆送されたのは62%の216人だった。

 罪名別の逆送率は、殺人が57・1%(44人)、傷害致死が56・8%(108人)、強盗殺人・強盗致死が74%(37人)、危険運転致死が93・1%(27人)。

 また、改正法では刑事罰の対象年齢が16歳から14歳に引き下げられたが、これにもとづいて刑事裁判を受けた少年は5人で、うち懲役刑となったのは1人だった。

 改正前の5年間では、逆送率は16%で、改正後、逆送ケースは大幅に増えた。

 しかし、刑事裁判の結果、保護処分相当として家裁に差し戻されたケースも11人で改正前より倍増し、公訴棄却1人を含め、逆送ケースの6%(裁判結果の出た195人に占める割合)は、不適切な判断だったと言える。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...