不登校新聞

197号(2006.7.1)

本物の学びを子どもが手にするために【居場所スタッフの仕事】

2018年11月22日 11:13 by shiko

 私がスタッフをしている「NPO法人フリースペースたまりば」は、15年間、川崎市高津区を拠点に活動しています。

 今年度からは指定管理者として、『川崎市子ども夢パー』(川崎市子ども権利条例により設置された青少年施設)および『フリースペースえん』(不登校・児童生徒の居場所)の管理・運営を行なっています。

 『フリースペースえん』には、異年齢の人たちが毎日平均30~40人通ってきています。


それぞれにとっての居場所

 「居場所」に求められる要素で一番重要なのは、その人にとって「安心を手に入れることのできる場」であるか、どうかということです。

 この記事のなかで扱う「居場所」の定義はフリースクール・フリースペースのことを指していると思いますが、学校や地域・家庭の中に、その人の「居場所」を見つけている人もたくさんいます。

 大事なことは、その子にとっての「最善の利益は何か?」ということです。自分が安心して過ごせる「居場所」を必死に探している子どもたちには、一つでも多くの選択肢が社会のなかにあることが望まれます。

 私たちが運営している『フリースペースえん』は、何らかの理由で学校や地域・家庭に居場所を見出せなかった子どもたちの選択肢の一つとして、必要な「居場所」になっているのです。私は、そんな「居場所」で仕事をしています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

社会学者が提案する、ひきこもり問題の乗り越え方

524号 2020/2/15

外出できる「ひきこもり」は9割、議論されない問題の核心

523号 2020/2/1

学校教育って何? 「教育」の逆転【論説】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...