不登校新聞

197号(2006.7.1)

本物の学びを子どもが手にするために【居場所スタッフの仕事】

2018年11月22日 11:13 by shiko

 私がスタッフをしている「NPO法人フリースペースたまりば」は、15年間、川崎市高津区を拠点に活動しています。

 今年度からは指定管理者として、『川崎市子ども夢パー』(川崎市子ども権利条例により設置された青少年施設)および『フリースペースえん』(不登校・児童生徒の居場所)の管理・運営を行なっています。

 『フリースペースえん』には、異年齢の人たちが毎日平均30~40人通ってきています。


それぞれにとっての居場所

 「居場所」に求められる要素で一番重要なのは、その人にとって「安心を手に入れることのできる場」であるか、どうかということです。

 この記事のなかで扱う「居場所」の定義はフリースクール・フリースペースのことを指していると思いますが、学校や地域・家庭の中に、その人の「居場所」を見つけている人もたくさんいます。

 大事なことは、その子にとっての「最善の利益は何か?」ということです。自分が安心して過ごせる「居場所」を必死に探している子どもたちには、一つでも多くの選択肢が社会のなかにあることが望まれます。

 私たちが運営している『フリースペースえん』は、何らかの理由で学校や地域・家庭に居場所を見出せなかった子どもたちの選択肢の一つとして、必要な「居場所」になっているのです。私は、そんな「居場所」で仕事をしています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「自分だけ取り残されている」不登校の子どもが春に感じる不安

526号 2020/3/15

「教育」って何のためにあるの?気鋭の哲学者が語る教育の本質

526号 2020/3/15

訪問支援をしてるので「寄り添う」とは何かを考えてみました

525号 2020/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...