不登校新聞

197号(2006.7.1)

奈良県少年補導条例 市民ら緊急集会

2018年11月22日 11:19 by shiko



 2006年6月24日、奈良市で「緊急県民集会~もう一度考えよう、奈良県少年補導条例~」が開かれた(主催・奈良弁護士会)。

 7月1日の施行を目前に控え、弁護士会、不登校の親の会、県議会議員、学校関係者など市民が集った。奈良県少年補導条例は、全国で初めて補導について定められた条例。

 緊急県民集会では、基調報告とリレートークなどが行なわれた。基調報告をしたのは奈良弁護士会。法案発表からこれまでの経過報告と問題点の指摘がなされた。

 続いて県内の高校生、中学校教諭、県議会議員、不登校の親の会代表者が壇上にあがり、リレートークを展開。警察権限拡大への懸念など、意見が出された。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...