不登校新聞

197号(2006.7.1)

奈良県少年補導条例 市民ら緊急集会

2018年11月22日 11:19 by shiko
2018年11月22日 11:19 by shiko



 2006年6月24日、奈良市で「緊急県民集会~もう一度考えよう、奈良県少年補導条例~」が開かれた(主催・奈良弁護士会)。

 7月1日の施行を目前に控え、弁護士会、不登校の親の会、県議会議員、学校関係者など市民が集った。奈良県少年補導条例は、全国で初めて補導について定められた条例。

 緊急県民集会では、基調報告とリレートークなどが行なわれた。基調報告をしたのは奈良弁護士会。法案発表からこれまでの経過報告と問題点の指摘がなされた。

 続いて県内の高校生、中学校教諭、県議会議員、不登校の親の会代表者が壇上にあがり、リレートークを展開。警察権限拡大への懸念など、意見が出された。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】不登校が過去最多の24万人超 最新の調査結果から読み解く不登校の現状

590号 2022/11/15

不登校大幅増加の背景に何が 文科省有識者会議委員が解説

590号 2022/11/15

ホームエデュケーション家庭301世帯を調査 月額費用や困りごとは

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…