不登校新聞

495号 2018/12/1

子どもの孤立化は深まっているのではないか

2018年11月28日 13:08 by kito-shin

 11月20日は国連が定めた「世界子どもの日」で1989年には子どもの権利条約を採択した日だ。NPO法人BONDプロジェクト代表の橘ジュンさんのお話を聴く機会があった。

 家庭にも居場所を失い、街を漂流する若い女性に声をかけ、安全な居場所につなぐ活動のお話で、携帯電話のSNSで「泊めてください」というメッセージに応答してくる見知らぬ男性に会いに行く10代の女性を見つけ出して被害から守るという活動に心をうたれる思いがした。

 子どもたちのSNS被害が深刻に増加している背景には子どもたちの孤独な状況がある。その孤独の問題はいま、表面化しつつある子どもの携帯依存の問題に共通していることも明らかだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...