不登校新聞

495号 2018/12/1

不登校ひきこもりの「体力問題」実は体力関係なかったって話

2018年11月28日 17:15 by kito-shin



 「体力がないので、何をするにも自信が持てない」。そう悩む不登校経験者も多い。「体力問題」について、2名に体験を書いてもらい、支援者の方に話を聞いた。

 * * * 

訓練は徒歩4分

 4年ほど前、私は「健康になろう」と決意した。ひきこもりの当事者会へ行くようになって、そこで友だちができたからである。

 友だちができると、遊ぶ約束もしたくなる。でも当時の私は体調が悪すぎて、その「約束」がなかなか果たせなかった。

 「こんな体調で朝起きられるだろうか、ちゃんと夕方まで動けるだろうか」。そう考えると怖くて前に踏み出せない。

 とくにドタキャンのしにくい、たとえばライブへ行く約束などしようものなら、地獄のようなプレッシャーとの戦いだった。

 もっと気軽に友だちと会いたくて、心から健康になりたいと思った。

 そこで私がしたことは、家から徒歩4分の喫茶店に行くことだ。昼ごろに起き出し、重い体をひきずって準備をはじめる。鏡を見るとゾンビのような顔が映っているので、ちゃんとメイクもする。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...