不登校新聞

195号(2006.6.1)

川崎市・相談宿泊施設建設計画 不登校の歴史vol.195

2018年12月03日 15:40 by shiko



 ひきこもり・不登校についての、前号までに紹介したような考え方と行政の対策は、市民に元気がある地域では、衝突をひきおこした。

 川崎市で、不登校児童生徒相談宿泊事業として、大きな健康センターを建設するという計画があることがわかった。

 川崎市には登校拒否の子どもを持つ親の会があり、地道に活動していたが、果たしてそのような施設を税金を投入して設置する必要があるだろうかということが問題になった。

 それは、近県の親の会にも投げかけられ、東京シューレの子どもたちにも伝わることになった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...