不登校新聞

354号(2013.1.15)

第5回 正月、孫が実家へ帰ってこないなんて

2013年12月25日 12:26 by kito-shin

 

連載「孫の不登校」

お正月、息子夫婦やお孫さんと別に暮らしている祖父母にとっては、孫たちが故郷に帰ってくれるのがとっても楽しみです。孫に食べさせたいと思い、買ったお餅ではなく、わざわざ餅つきをし、大好きだと言っていた数の子をそろえ、お年玉も準備しました。ところが約束の大晦日、息子から電話です。「おばあちゃん、ごめん。Y男は行きたくないと言って動かない。だから、今年は俺と妹で行くから」。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...