不登校新聞

195号(2006.6.1)

「いまだなにも解決していない」哲学者に聞く水俣病50年

2018年12月03日 14:50 by shiko



 水俣病の確認から50年。戦後の日本が、その「発展」と引き替えに切り捨ててきたものは何だったのか。その体質は、果たして変わったのか。今回は、水俣病事件にも取り組む、哲学者の丸山徳次さんにお話をうかがった。

――なぜ水俣病事件に関わるように?

 小学生のとき、NHKの『日本の素顔』という番組で、水俣病患者の映像が流されていたんです。

 その映像は、私のような子どもの目にも焼き付いて、その理不尽さにふつふつとした怒りにも似た気持ちを覚えました。

 その後、私は大学で哲学を学びますが、ずっと気になっていたのが、科学技術の負の側面でした。それが、私が哲学や倫理学を学ぶモチベーションになっていたと思います。

 最初、私は水俣を日本における環境問題の事例として考えていたんです。しかし、取り組んでいるうちに、これは事例という発想ではダメだと気づきました。

 水俣病事件は、いまだ何の解決もしていない問題です。いろんな出来事の塊で、この事件を通して、あらゆることが考えられる。

 つまり、出来事からすべてを考えるという発想に転換したんです。それを私は「事件の哲学」と言っています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「災難」状況の社会に希望はあるか 趙韓惠貞さんに聞く

497号 2019/1/1

女性向けセックスグッズショップを設立 北原みのりさんに聞く

194号(2006.5.15)

「人は病気ではない病にかかる」老師が説く若者の生きづらさの根源

196号(2006.6.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...