不登校新聞

195号(2006.6.1)

伝説の娼婦「ヨコハマメリー」【映画評】

2018年12月03日 14:53 by shiko



 日々に追われ、同じようなサイクルで生きていると、生活はどうしても機械的になる。けっして充実していないわけではない。

 けれど、気持ちも体も硬直し、自分が生きている感覚が希薄になる。そんなとき人は、命に触れ、己が生きていることを確認したくなる。

 「ヨコハマメリー」は、時代が移り変わるなかで力強く生きた、ある女性の足跡をたどったドキュメンタリー映画。

 上記のような心境で見たこの映画。やや硬直していた自分を解きほぐし、命に触れられるような快感があった。と言ったらちょっと言いすぎだろうか。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

まんじゅうプロブレムが怖すぎる “今のPTA問題”をまとめた一冊

494号 2018/11/15

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

書評『「ニート」って言うな!』

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...