不登校新聞

195号(2006.6.1)

マジメに働かない若者はなんて呼ばれてきたのか【100年分調査】

2018年12月04日 10:04 by shiko



 「最近の若い者は……」、よく耳にするこの言葉。ニートやひきこもりが社会問題にされるなど、若者が煙たがられるご時世、本当に「いまの若者」はダメなのか?

 いや、いつの時代にも若者は大人にとってうっとうしい存在だったはずだ。この100年間あまり、いかに若者が皮肉を言われてきたか、その時代、その時代に生まれた言葉「軽蔑語」を通してヒモといてみようと思う。

 今回の調査は、新語アナリスト・亀井肇の助言により、『現代用語の基礎知識』および『20世紀に生まれたことば』(現代用語の基礎知識・編)を参照とした。とくに断りのない場合、「 」内は右記の書籍からの引用。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

半年後の国会審議再開 不登校の歴史vol.512

512号 2019/8/15

教育機会確保法の周知徹底を

512号 2019/8/15

京アニの事件に思う【編集後記】

512号 2019/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...