不登校新聞

195号(2006.6.1)

マジメに働かない若者はなんて呼ばれてきたのか【100年分調査】

2018年12月04日 10:04 by shiko



 「最近の若い者は……」、よく耳にするこの言葉。ニートやひきこもりが社会問題にされるなど、若者が煙たがられるご時世、本当に「いまの若者」はダメなのか?

 いや、いつの時代にも若者は大人にとってうっとうしい存在だったはずだ。この100年間あまり、いかに若者が皮肉を言われてきたか、その時代、その時代に生まれた言葉「軽蔑語」を通してヒモといてみようと思う。

 今回の調査は、新語アナリスト・亀井肇の助言により、『現代用語の基礎知識』および『20世紀に生まれたことば』(現代用語の基礎知識・編)を参照とした。とくに断りのない場合、「 」内は右記の書籍からの引用。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

どんな支援が盛り込まれたか 不登校の歴史vol.509

509号 2019/7/1

川崎市の事件から何を学べるのか

509号 2019/7/1

やっと将棋を指せるようになりました【編集後記】

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...