不登校新聞

195号(2006.6.1)

読者の声 架空請求はがき

2018年12月03日 15:11 by shiko



 先日、私宛に「民事訴訟継続中最終警告書」という変なはがきが届きました。

 「訴訟番号(ハ)553-77号 現在、貴殿は「総合消費料金未納分」について(中略)このまま連絡無き場合、指定裁判所から書類通達後に出廷となり、原告側の主張が全面的に受理され、被告の給与および動産物、不動産の差し押さえ(中略)万が一身に覚えが無い場合、早急にご連絡下さい」と書いてあるはがきです。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

中学は1カ月しか行かなかった。でも「私は大丈夫だ」と思えた理由

516号 2019/10/15

30歳をすぎてわかった 不登校した私に必要だったことは

516号 2019/10/15

「ひきこもったまま出馬し落選」あきらめて楽しんでる41歳男性の半生

515号 2019/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...