不登校新聞

195号(2006.6.1)

権利と責任はどこがちがう?【子どもの権利条約】

2018年12月03日 15:17 by shiko



 「権利の前に、まず義務を果たしてからものを言いなさい」

 「子どもに権利なんか与えたら、わがままになる」

 こんな言葉、聞いたことはありませんか。権利と義務は、セットで考えなければならないものなのでしょうか。本当に、権利は子どもをわがままにするのでしょうか。

 子どもの権利条約を読んでいくと、「子どもは○○しなければいけない」とは一言も書かれていないことに気づきます。

 子どもの権利条約全54条を見渡しても、どこにも子どもの義務については書かれていないのです。

 その代わりに、子どもたちを見守り、支えるために国や自治体、子どもに関係するあらゆるおとながしなければならないこと、工夫すべきことが、条約には書かれています。

 つまり、義務は、国やおとなにこそ課されているのです。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...