不登校新聞

195号(2006.6.1)

子どもシェルター開設へ NPO法人パオ設立

2018年12月03日 15:25 by shiko



 虐待を受けるなど、居場所を失った子どものために緊急に避難できるシェルターを提供するNPO子どもセンター「パオ」の設立総会が2006年7月1日名古屋市で開かれる。

 その設立は愛知県弁護士会子どもの権利特別委員会の有志が呼びかけたもの。児童養護施設長、児童相談所ケースワーカー、社会福祉士、児童福祉や非行臨床の研究者、精神科医、司法書士、ジャーナリストなど多数が参加。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

「先生だってたいへんなんです」精神疾患で休職する教員の実情は

499号 2019/2/1

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...