不登校新聞

195号(2006.6.1)

子どもシェルター開設へ NPO法人パオ設立

2018年12月03日 15:25 by shiko



 虐待を受けるなど、居場所を失った子どものために緊急に避難できるシェルターを提供するNPO子どもセンター「パオ」の設立総会が2006年7月1日名古屋市で開かれる。

 その設立は愛知県弁護士会子どもの権利特別委員会の有志が呼びかけたもの。児童養護施設長、児童相談所ケースワーカー、社会福祉士、児童福祉や非行臨床の研究者、精神科医、司法書士、ジャーナリストなど多数が参加。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大分県が不登校支援プラン発表、県内50団体を網羅

506号 2019/5/15

少年法の適用年齢引き下げに反対 愛知県弁護士「文化の破壊」

505号 2019/5/1

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...