不登校新聞

195号(2006.6.1)

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

2018年12月03日 15:33 by shiko
2018年12月03日 15:33 by shiko



 精神医療における人権侵害を調査・摘発している市民団体「市民の人権擁護の会・日本支部」は、小児医療の現場で起きる問題や、心の健康を考える「パネル展示会ツアー」を行なった。

 展示会ツアーが行なわれたのは2006年4月29日から5月6日で、静岡、愛知、神奈川の全国3カ所で開催された。各展示会には、医師、薬剤関係者、国会議員や県・市議会議員、市民団体や学生など、700人以上が参加した。

 静岡市での青葉公園で開かれた展示会には、地元静岡の県議会議員も多数参加。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…