不登校新聞

194号(2006.5.15)

かがり火

2018年12月04日 16:08 by shiko



 5月には「こどもの日」と「母の日」が存在している。こどもの日は端午の節句にちなんでおり、子どもの健康な成長を祝うためにあるが、母の日についてはいくつかの説があり定説がない。

 こどもの日は祝日だが母の日は第二日曜日で祝日ではない。国民の祝日に関する法律(祝日法)によると、こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する」ことを趣旨としている。

 誰にとっても子どもであったころがあり、母がいたわけで、すべての人にとってこどもの日が母に感謝する日でもあることが納得できよう。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...