不登校新聞

194号(2006.5.15)

かがり火

2018年12月04日 16:08 by shiko



 5月には「こどもの日」と「母の日」が存在している。こどもの日は端午の節句にちなんでおり、子どもの健康な成長を祝うためにあるが、母の日についてはいくつかの説があり定説がない。

 こどもの日は祝日だが母の日は第二日曜日で祝日ではない。国民の祝日に関する法律(祝日法)によると、こどもの日は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する」ことを趣旨としている。

 誰にとっても子どもであったころがあり、母がいたわけで、すべての人にとってこどもの日が母に感謝する日でもあることが納得できよう。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもの自傷行為に悩む親に読んでもらいたい一冊

510号 2019/7/15

学校復帰が前提ではないけれど 不登校の歴史vol.510

510号 2019/7/15

弁護士・津田玄児さんを偲んで

510号 2019/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...