不登校新聞

194号(2006.5.15)

メンタル・フレンドや家族療法 不登校の歴史vol.194

2018年12月04日 16:12 by shiko



 1991年4月より実地された「ひきこもり・不登校児童福祉対策モデル事業」は、厚生省児童家庭局より全国都道府県知事(指定都市市長を含む)に通達され、都道府県が主体となってすすめられた。

 そのモデル事業の種類及び内容は

①ふれあい心の友訪問援助事業

②不登校児童宿泊等指導事業

③家庭療法事業

の三つの柱であり、ほかに、関係機関の連絡会議や国の助成についても決めてあった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもをまんなかに(中)

189号(2006.3.1)

「まだ言葉にできない宝物」不登校の子を持つ父親コラム

189号(2006.3.1)

世界王者・秋元正行が語る、ルービックキューブの魅力

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...