不登校新聞

194号(2006.5.15)

女性向けセックスグッズショップを設立 北原みのりさんに聞く

2018年12月04日 16:31 by shiko
2018年12月04日 16:31 by shiko

 今回のインタビューは、ラブピースクラブ代表の北原みのりさん。ご自身の学校との関係や働き方について、また体や性のこと、ラブピースクラブの設立経緯などについて、うかがった。

 * * *

――学校に違和感を感じたことはありますか?

 自分でも不思議なんですが、いまでも中学校のころの夢を見ますね。中学のころの複雑な人間関係の渦のなかにいるような、そんな気分にさせられるんです。

 あのころ、突然「女」「男」の枠組がしっかり引かれ、「女側」にむりやり、おかれた居心地の悪さがありました。夢には、「男子」がたくさん出てくる。

 「男子」に「お前は女らしくない」と言われるような、そんな夢ばかり。「ストレスを感じてたんだなあ」と今さらながらに思わされますね。

 中高生のころは、生徒会なんかもやったりして、まわりからはイキイキしているように見えたと思いますよ。友だちに「キツイわ~」とか言える雰囲気があったし、ズル休みも許してくれる家でしたから。

 気楽だったぶん、「苦しい」ことを自分の言葉にできずにいたのかもしれないですね。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

生きるとは夢中を探すこと 歌人・俵万智が子どもたちへ届けたい思い

586号 2022/9/15

あざや傷あと「見た目問題」から考える自分に合った生き方とは

574号 2022/3/15

わが子の不登校悩んだ末に見つけた日常をゆるっとすごすコツとは

573号 2022/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…