不登校新聞

194号(2006.5.15)

「失敗をできる職場に」ブードンがひきこもりを積極採用する理由

2018年12月04日 16:35 by shiko




 ひきこもりを経験した若者を積極的に採用する「株式会社ブードン」。社長の佐野光司さんに、会社を設立した経緯や会社のシステムをうかがった。

 * * *

 一風変わった取り組みで、若者の働く場をつくりだしている会社が栃木県にある。

 システム開発を手がける「株式会社ブードン」は、採用条件に性別、年齢、国籍、学歴、出身、門地、あらゆるハンディキャップを問わない「7不問」を掲げている。必要な条件は「やる気」と「学ぶ気」だけだ。

 会社が設立されたのは1999年。社長の佐野光司さん(58)が、長年勤めていた会社を退職。

 アパートの経営をしながら、子どもが通う高校のPTAに積極的に参加していた。そのなかで、高校を卒業する若者が就職しにくくなっていることを年々感じていた。

 「ニートやひきこもりと呼ばれる現象を生み出す背景には、社会の側が雇用を閉ざしている部分もある」。

 若者の雇用を生み出し、しかも地元である栃木県小山市の活性化にも貢献できるような会社を立ち上げたい。

 そんな思いから、ブードンは「若者が仕事を通じて自己実現できる場を設ける」「小山市に100人分の雇用をつくる」を合い言葉に設立された。

 事業の内容は、佐野さんがサラリーマン時代に培った経験を生かした、コンピューター・ソフトの開発やシステム構築。

 とくに事業内容にこだわりがあったわけではなく「それしかできなかったから」と佐野さんは笑って話す。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の子が通う学校外の公的な場、半数の自治体は「設置しない」意向

510号 2019/7/15

出席認定は学校ごとにばらつき、フリースクール通学に格差

509号 2019/7/1

教育機会確保法から2年、行政と民間が連携しない理由

509号 2019/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...

511号 2019/8/1

今も母親との関係に悩みを抱える元アナウンサー・小島慶子さん。同様の悩みを持...

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...