不登校新聞

194号(2006.5.15)

暮しのなかの権利条約【子どもの権利条約】

2018年12月04日 16:54 by shiko



 新連載は、子どもの権利条約について。子どもの権利とは何か、どんなときに使えるのかなど、6回に分けて、子どもの権利条約ネットワークの安部芳絵さんに執筆していただきます。

 * * *

 子どもの権利条約って、みなさんにはどんな関係があるのでしょう?

 権利は英語でrightsです。rights とは、「正当なこと、当たり前のこと」。そう、子どもの権利とは、子どもにとって当たり前のことを意味します。

 「おなかがすいたら、なにか食べることができる」「自分がやりたいことをおとなに支えてもらえる」「お父さんやお母さんに殴られることなく安心して育つことができる」……そんな当たり前のことが書かれているのが、子どもの権利条約です。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

光の春は確実に【コラム】

502号 2019/3/15

新しい事務所に変わって【編集後記】

502号 2019/3/15

国会上程は見送り 不登校の歴史vol.502

502号 2019/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...

501号 2019/3/1

不登校の子を持つ親であり、昨年4月にフリースクール『IFラボ』を都内で開設...

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...