不登校新聞

194号(2006.5.15)

暮しのなかの権利条約【子どもの権利条約】

2018年12月04日 16:54 by shiko



 新連載は、子どもの権利条約について。子どもの権利とは何か、どんなときに使えるのかなど、6回に分けて、子どもの権利条約ネットワークの安部芳絵さんに執筆していただきます。

 * * *

 子どもの権利条約って、みなさんにはどんな関係があるのでしょう?

 権利は英語でrightsです。rights とは、「正当なこと、当たり前のこと」。そう、子どもの権利とは、子どもにとって当たり前のことを意味します。

 「おなかがすいたら、なにか食べることができる」「自分がやりたいことをおとなに支えてもらえる」「お父さんやお母さんに殴られることなく安心して育つことができる」……そんな当たり前のことが書かれているのが、子どもの権利条約です。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...