不登校新聞

194号(2006.5.15)

ひきこもり更生施設で死亡事件【アイ・メンタルスクール事件】

2018年12月04日 17:04 by shiko



 2006年4月18日午前8時ごろ、名古屋市のひきこもり者更生施設「アイ・メンタルスクール」(杉浦昌子代表理事)で、入寮者の男性(26歳)が変死した事件が波紋を広げている。

 報道によると、男性の死因は腕や足の打撲による外傷性ショックで、両手両足首には、手錠で拘束された際に暴れてできたとみられるアザや擦り傷のほか、死亡の数日前からの古い傷を含む打撲痕や内出血があった。

 現場検証では、手錠など数種類の拘束用の道具が発見されている。

 同代表理事は、「暴れる男性の自傷行為や他の生徒たちへの暴力等を制止する目的でやむなく使用した」と、拘束器具を用いたことを認めている。

 愛知県警は、逮捕監禁致死容疑で、同代表理事と職員らを立件すると伝えられるが、事件の報道後、同スクールでは退寮者が相次いでいるという。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...